12月の新メニュー

  • 2014.11.19 Wednesday
  • 20:27
 

今回は、12月の新メニュー

鶏肉の味噌マヨかけ」が出来上がるまでの試作風景をご案内。



試作の風景


醤油や砂糖塩などの調味料はg単位で量れる量りで正確に計量します。

同じ野菜の煮付けでも、糖尿病用の食事と腎臓病用の食事では、

調味料の分量を変えています。










鶏肉は食べやすいように、焼き上がってから

一枚ずつ一口大に手切りしています。






盛付けるときは、料理ごとに決められた分量を正確に量ります。

味付けが混ざらないように、必要に応じて紙カップを使っています。







マヨネーズに味噌をどのくらい混ぜれば、塩辛くなく、

かつ味噌の風味がするかを調べました。

アクセントとして豆板醤を少し混ぜてみました。






試食会での感想

・たれのマヨネーズ、付け合わせのナムル、副菜の青じそドレッシング和えと、酸味が重なる。

・副菜のぜんまいの炒め煮にさつま揚げを入れることで風味が増している。

・味噌マヨにもう少し味噌の風味があると良い。


試食会は1回に4〜5人のグループで4回の約20人で行い、
良い点や改善した方がいい点が活発に挙げられます。



上記感想をもとに、改善をしました。

・付け合わせの野菜は、ナムルではなくて醤油の和え物に、副菜は醤油ベースの辛子和えに変更して酸味が重ならないようにした。

・味噌マヨの味噌を少し増やして、味噌の風味を出すようにした。



12月の新メニュー完成!

鶏肉の味噌マヨかけ」はいかがでしょうか?







 

・鶏肉はもも肉を使って、パサパサ感が少なくなるようにしています。


・味噌マヨに豆板醤をきかせることによって、少ない塩分でも美味しく

 召し上がれるようにしました。

・多くの方に好まれるマヨネーズを使いながらも、カロリーオーバーに
ならないように成分を調整しています。




お弁当にしますとこんな感じ







「腎臓病食・糖尿病食の全国宅配サービス」